ドコモ光 解約 撤去

ドコモ光解約時の撤去は必要?

ドコモ光解約したときに撤去するものは大きく分けて3つ有ります

 

接続機材(ONU:光回線終端装置、ルーター)

屋内配線(壁内の光ファイバー、光コンセント)

屋外配線(電信柱〜自宅間の光ファイバー)

 

このうち、接続機材(ONU:光回線終端装置、ルーター)については返送が必要です。
接続機材の返送についてはこちらをご覧ください
ドコモ光解約後の機材返却方法は?

 

ここでは、室内配線と屋外配線についてご説明します。

 

ドコモ光の解約を申し込むと、通常は無派遣工事となります。

 

無派遣工事というのは、NTT局内で回線を無効化するだけの工事で、自宅に来ての作業は無い工事のことを言います。

 

無派遣工事の場合は、契約の時に設置した配線類(光ファイバーや光コンセントなどの)はそのまま残ります。

 

配線を残しておけば、将来ドコモ光やフレッツ光に戻した場合に、工事費用が安くなる可能性もあります。

 

配線をたくさん残しておくと、将来他の配線を追加しようとした時に、配線がし難くなる場合があります。

 

ドコモ光で敷設した配線を撤去したい場合は、派遣工事を頼むこともできます。

 

ドコモ光解約の時に、何も言わないと無派遣工事になりますが、配線類を撤去したい場合は、派遣工事にしてくれと言えば、無料で派遣工事にすることができます。

 

無派遣工事が終わってからだと、ドコモ光とは関係が無くなるので、自費で撤去することになります。

 

不要と思う場合は、解約時にドコモに撤去を依頼しましょう。

 

 

ドコモ光を解約した後の乗り換え先としてはNURO光を推奨します。
ドコモ光から乗り換えるならNURO光が最適な4つの理由