ドコモ光 解約 乗り換え

ドコモ光を解約して乗り換える!

ドコモスマホとドコモ光をセットで加入している方!

 

2年を経過したら、解約して乗り換えないと、とんでもない高額を払い続けることになりますよ!

 

しかし、ドコモスマホとドコモ光をセットで加入している場合、これを全部解約して、乗り換えるのはかなりパワーがいる仕事になります。

 

解約、乗り換えをスムーズに進める手順をお伝えしていきます!

 

私のケース

 

私は、これまで、ドコモスマホ3台、ドコモ光、Dカードとフルでドコモのご厄介になっていて、毎月28,000円ほど支払っていました。

 

2年間の総支払い額が、672,000円です!2年経過後は、機種代が無くなるとはいえ、月々サポートもなくなるので、支払額はほとんど下がりません。

 

4年間払ったら、1,344,000円!ですよ!軽自動車が買える金額です。
判ってはいたはずですが、自分で計算して改めて驚きました。

 

そこで、スマホが更新月に、ドコモ関連の契約を全部やめて、ドコモと決別することにしました。

 

私の場合は、いろいろ考えましたが、結局、

 

ドコモスマホ⇒楽天モバイル
ドコモ光⇒NURO光
Dカード(ゴールド・家族カード有り)⇒家族カードは廃止、Dカードはシルバーカード(年1回使えば会費は不要)

 

という変更をしました。

 

スマホ3台(iPhone6SPlus×2台、キッズスマホ)は継続して使用します。

 

この変更で、支払額は半額以下になりました!

 

ドコモから脱出しようかと考えている方は、ご参考にしてください。

 

何からやるべきか・・・全体の流れ

 

ドコモから脱出するために、何から手を付けるべきなのか。これはかなり難しいです。

 

2年前、スマホをドコモに転入したとき、あれやこれや言われて、ドコモ光と、Dカードまで契約してしまっていたからです。

 

契約は簡単ですが、それぞれの契約が関連していて、解約するのはかなり面倒です。

 

全部解約して、スマホもネットもやらないなら簡単ですが、そうではないので、なるべく無駄なくやらないといけません。

 

大まかな流れは、下記の順になります。

 

それぞれの手順を詳しくご説明していきます。

 

更新月を確認する

私は、スマホとドコモ光を同時に契約しましたが、ドコモ光の更新月は、スマホの1ヶ月後でした。
光回線の方は、工事に時間がかかっているためです。
ドコモ光も、2年更新で、更新月以外の解約は違約金が発生します。

 

それぞれを、更新月のタイミングで解約する必要があります

 

更新月は、サポートに電話して確認するのが確実です。

 

ドコモサポート電話番号:
ドコモ携帯から:151
その他:0120-800-000(携帯からもOK)
(年中無休 受付時間:午前9時〜午後8時)

 

契約満了月の翌月と翌々月が更新月です。
まだ更新月が先の場合は、スマホとドコモ光の更新月を忘れないようにメモしておきましょう。

 

更新月がまだ先の場合、解約金を払ってしまう方が良いと思います。
高々9,500円で、すぐに元がとれます。

 

解約時にかかる金額についても、解約前に確認しておきましょう。
機種の未払金など、意外に高額になることもあります。ドコモのサポートで、全部聞いておいた方が安心できます。

 

ドコモサポートを使い倒して、不明点は全部クリアにしておきましょう。

 

SIMの乗り換え先を決めておく

 

格安SIMはとてもたくさんの業者がありますので、しっかり調べて乗り換え先を決めておきましょう。
格安SIMの比較は多くのサイトがありますのでここでは詳しく書きませんが、例えばこちらのサイトなどで比較してみてください。
格安SIM比較

 

私は、楽天の使用頻度が高いので、ポイントが付くことを考慮して楽天モバイルにしました。

 

格安SIMを使う前は、速度が遅いなど使い勝手が不安でしたが、実際使ってみると特に問題ありませんでした。
お昼休み時間などで多少読み込みがもたつくことはありますが、気にならないレベルです。
半額以下になったことを考えると、大満足しています。

 

光の乗り換え先を決めておく

光回線の乗り換え先についても決めておきましょう。

 

ドコモ光は解約後は新規契約となる

ドコモ光は、回線自体はフレッツ光と物理的にはおそらくほとんど同じものですが、ドコモ光とは区分されているので、全く別物と考えるべきものです。
ドコモ光を契約するときに、プロバイダを選んでいますが、あくまでドコモ光の枠内でのものです。

 

私はぷららでしたが、ドコモ光をやめて、ぷららだけを光コラボなどで継続することはできません。ドコモ光の解約と同時にぷららも解約になります。

 

なので、引き継ぐことはできず、ドコモ光の解約後は、光回線が初めてのときと同じ、新規の契約になります。

 

解約前に申し込みが可能

本来なら、現状の光回線を解約してルーターなどを取り除いた後に、新規の回線工事を行うことになります。

 

但し、この場合はインターネットを使えない状態がかなり長い期間発生してしまいます。

 

解約前に、申込みが可能かは、業者によっても対応が異なります。

 

私が電話で聞いてみたところ、
エキサイト光:解約前の申込みは不可
NURO光:解約前の申込みは可能

 

と回答がわかれました。NURO光も、最初は解約前は不可との回答でしたが、なんとかならないのか?って言ってみたら2重契約期間ができるが、解約前の申込みも可能と返事が変わりました。

 

相談してみるとなんとかなるみたいです。

 

光回線はどこが良い?

光回線は、大きく分けると
NTTのフレッツ光(ドコモ光、ソフトバンク光など)
auひかり
NURO光

 

があります。選び方のポイントを整理してきます。

 

最初だけ安いプランは避ける

光回線はある程度長く使うものだと思いますので、最初だけ安いプランは考えものです。
価格コムなどのサイトや、大手量販店などでも、高額なキャッシュバックで実質料金が安い!とアピールしていますが、
キャッシュバックを得るために、オプションの契約が必要だったり、めんどうな手続きが必要だったりします。
キャンペーンなども魅力的ですが、まずは基本料金が安いプランにしておいたほうが、結局は安価になる可能性が高いと思います。

 

基本料金で比較すると
(判りにくい割引も込みの一般的な支払価格)

 

【戸建て】(税抜き)
フレッツ光:5,100円
au光:5,000円
NURO光:4,743円

 

となっていて、ドコモ光:5,200円を単独で契約する場合よりも安いです。

 

フレッツ光を使った光コラボ(プロバイダが窓口になる契約)だと、
ビッグローブ光:4,980円
エキサイトMEC光:4,500円
エキサイト光:4,360円
などがあります。

 

ドコモ、au、ソフトバンク のユーザーなら、スマホ代が安くなる割引も受けられますが、格安SIMでは割引はありません。
(それでもトータルの支払いは格安SIMの方が大幅に安いですが)

 

なので格安SIMのユーザーの場合は、まずは基本料金の安い、
NURO光
エキサイトMEC光
のどちらかになると思います。

 

エリア内ならNURO光、NUROエリア外ならエキサイト光をおすすめします。

 

★NURO光
【NURO光】

 

 

エキサイト光
【excite光】

 

それぞれの光回線を比較するこのようになります。

回線 速度 価格 摘要
ドコモ光
×
×
5,100円
単独ではメリットなし
フレッツ光(光コラボ)
×
5,000円前後
プロバイダにより異なる
エキサイト光
×
4,360円
光コラボでは最安
エキサイトMEC光
4,500円
エキサイト光の速度が改善;
ソフトバンク光
×
5,200円
ソフトバンクユーザーならメリット有り
au光
×
5,000円
auユーザーならメリット有り
NURO光
4,743円
エリア内ならコレ

 

SIMロック解除

ドコモスマホの場合は、SIMロック解除しなくてもドコモ回線を使った格安SIMなら使用可能ですので、解除しなくても問題ありません。

 

しかし、将来の選択の自由度を増やすために、SIMロック解除が可能な2015年5月以降の機種を使っている場合は、ドコモと契約しているうちにSIMロック解除しておきましょう。

 

mydocomoからなら、無料で解除可能です。
ドコモ SIMロック解除
ショップでも解除可能ですが、3,000円かかります。

 

ドコモ解約後でも100日以内なら解除が可能ですが、ショップでの解除しかできなくなり、やはり3,000円必要になります。
解約後100日を過ぎるとSIMロック解除はできなくなります。

 

Dアカウントの変更

My Docomoなどへのログインに携帯番号を使っている場合は、解約後使えなくなります。
解約後だと手間がかかりますので、事前にフリーメールアドレスなどにIDを変更しておいた方が良いです。

 

携帯電話を解約した場合、dアカウントは使えなくなりますか?

 

契約者IDとネットワーク暗証番号の確認

ドコモ携帯を解約後だと、使用者確認に、契約ID(CAF又は、CAPで始まる番号。契約書に記載あり)が必要になりますので、事前にメモしておきましょう。
また、ネットワーク暗証番号(契約時に決めた4桁の数字)もメモしておきましょう。

 

MNP予約番号をとる

MNP予約番号は15日間しかありません。格安SIMの郵送などの時間を考えると余裕はありませんので、
格安SIMを申し込む直前にとるようにします。

 

携帯電話の解約・MNPを利用した解約

 

格安SIMと契約する

格安SIMに申し込みSIMカードを受け取ります。

 

渡しの場合は楽天モバイルにしました。
ドコモ光脱出してNUROへ設置完了

 

MNPの場合、格安SIMの契約と同時にドコモの解約になりますので、ドコモに連絡する必要はありません。
SIMカードの返却も必要ありません。

 

新しい光回線の申込み

光回線を新規で申し込みます。光回線を引き継ぐ”移転”では申し込めず、新規になります。

 

新規なので、基本的には工事費が発生します。でも、キャンペーンで無料になることも多いので公式サイトで確認しましょう。

 

申込時の注意事項

 

代理店での契約はおすすめできない

NURO光で注意が必要なのは、公式サイトと見間違いやすい代理店の存在です。

 

これらの代理店は、高額なキャッシュバックで勧誘していますが、必要性の乏しいオプションに入らされたり、キャッシュバックの手続きが非常にめんどうになっていたりします。

 

正規代理店であれば、信用の面では問題ないと思いますが、NUROの公式サイトでも下記のように遜色のないサービスがあります。

 

内容をしっかり比較して、代理店経由の方がメリットがあると判断できる人以外は、NUROの公式サイトで直接契約したほうが簡単だと思います。

 

NURO光の公式サイトからの申込み方法

NURO光の場合、公式サイトでも確実にもらえるキャッシュバックなどのキャンペーンをやっていますので、こちらの方が安心して申し込めます。

 

NUROの公式サイトはこちらです。今なら、3万円のキャッシュバックや、工事費無料のキャンペーンをしています。
今ならお得なキャッシュバック&割引キャンペーン!

 

光回線の工事

 

申し込み後、宅内工事が行われます。

 

宅内工事は、新しい光回線の業者が、光ケーブルを配線し、接続機器を設置する工事です。

 

工事中の様子

ドコモ光脱出してNUROへ工事中

 

一戸建ての場合、家の外の壁に接続口を設置し、室内の接続機器を置く場所に、光コンセントなどを設置します。

 

宅内工事完了

ドコモ光脱出してNUROへ設置完了

 

宅外工事完了までの間は、新旧の機器を置いとく必要があるため、ごちゃごちゃになります。
機器の設置状況

ドコモ光脱出してNUROへ設置完了

 

宅内工事のときに、NTTが行う宅外工事の日程を決めます。

 

宅外工事は、家と電信柱を結ぶ工事です。

 

申し込みから宅外工事の完了まで、1ヶ月前後必要になります。

 

ドコモ光の解約

ドコモ光を、更新月に解約します。
サポートに電話で連絡して解約します。

 

ドコモサポート電話番号:
ドコモ携帯から:151
その他:0120-800-000(携帯からもOK)
(年中無休 受付時間:午前9時〜午後8時)

 

ここで、本人確認に、契約書IDとネットワーク暗証番号が必要になります。
ドコモ携帯を解約後だと、使用者確認に、契約ID(CAF又は、CAPで始まる番号。契約書に記載あり)が必要になりますので、事前にメモしておきましょう。

 

Dカードの解約

Dカードの解約は電話での申し込みとなります。
その後、郵送された書類に記載して返却して、最大2週間ほどで解約できます。

 

私はDカードゴールドでしたが、ドコモ解約で利用額が減り年会費を無駄に払うことになるので、一旦シルバーカード(通常のカード)にすることにしました。
ドコモ解約後も暫くは支払いが発生するので、カードで払った方が楽だからです。

 

ゴールドカードから、シルバーカードに変更するとカード番号も変わりますが、ドコモへの支払いは自動的に切り替わるので、手続きは不要です。
カードをその他の公共料金の引き落としなどに登録している場合は、それぞれ登録を変更する必要があります。

 

【解約窓口】
Dカード会員
0120-300-360

 

Dカードゴールド会員
0120-700-360

 

解約窓口

 

上記に連絡後、郵送で書類が送られてきますので、書類に記載後返送が必要です。

 

ドコモ光解約のまとめ

私は、この方法でドコモからの完全決別を果たしました!

 

おかげで、毎月の支払額が、28,000円から、11,000円ほどになりました。

 

 

これまで2年間で、67万円も払ってきました。とんでもない損をした気分です。

 

もう2年間契約を続けていたら、軽自動車が買えてしまう金額です。

 

ドコモ光と、ドコモ携帯は、自動車より高い買い物なんだって、思い知りました。

 

多少の違約金など気にせず、もっと早く解約しておくべきでした。

 

 

NURO光はとても高速で気持ち良いし、楽天モバイルも特に問題なく使えています。

 

スマホなんて、所詮暇つぶしに使うものだって割り切れば多少の(ほんとに多少です)の遅さは気になりません。

 

もちろんメールとか、ラインていどなら何の問題もありません。

 

まだドコモで高額の支払いをしている人は、一刻もはやく切り替えることをおすすめします。

 

私の契約した内容

 

楽天モバイル(家族3台分)
スーパーホーダイM(3.1GB) 2,480円(ダイヤモンド会員割引)
組み合わせプラン(3.1GB) 1,600円
組み合わせプラン(5GB) 2,150円
合計:6,230円

 

NURO光
4,743円

 

全部で、10,973円

 

★楽天モバイル公式サイト
楽天モバイル

 

★NUROモバイル公式サイト
今ならお得なキャッシュバック&割引キャンペーン!